2007年05月07日

ソニー カーナビが今春からPNDで復活:渋滞情報やトンネルや地下道に対応

国内のカーナビ市場から一時撤退したソニーが、欧米で売っている簡易カーナビPND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)を日本仕様に変えて、今春からPND「NV-U1」(オープン価格)として復活している。市場価格は約6万円。

またオプションのVICSビーコンユニットNVA-VB6は約2万円。VICSビーコンユニットNVA-VB6で渋滞情報に対応した国内では初の簡易カーナビPNDとなっている。

加速度センサーと気圧センサーでGPSの測位を補足する「ポジションプラス」というハイブリッドポジショニングシステムを搭載し、トンネルや地下道、ビル街などでも、自車位置を正確に測位できる。

配線なしなので、吸盤で簡単取り付け。


posted by とも at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ソニー カーナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。