2010年05月26日

愛嬌のあるカニ型カーナビロボットが2-3年後に発売

カーナビを視覚的に誘導するカニ型カーナビロボットを、パイオニア、イクシスリサーチなど3社は、2-3年後に発売することになった。

辻の多い場所でカーナビの画面に気を取られ過ぎていれば、危険。また、最近は聴覚障害のある人が運転して、カーナビの音声が聞こえにくい。

このようなカーナビの危険に対処するために、カニ型カーナビロボットが開発される。

曲がる辻に近づくと、曲がる側のカニの腕が上がる、さらに近づくと、曲がる側のカニの腕が振動、曲がる直前になると、大きなカニの眼がチカチカ光る。なかなか愛嬌のあるカニ型カーナビロボットです。

カニ型カーナビロボットの動画


posted by とも at 13:15| カーナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

業界初のエコ・ルート探索カーナビ発売:18万9000円〜32万5500円

燃費消費量の少ないルートを検索できる「エコ・ルート探索」を搭載したカーナビ「サイバーナビ」を、パイオニアは、業界初に5月下旬に発売する。

1Dユニットタイプの「AVIC-H 9990」が18万9000円、2Dメインユニットタイプの「AVIC-ZH 9990」が30万4500円、1D+1Dメインユニットタイプの「AVIC-VH9990」が32万5500円。

「エコ・ルート探索」を搭載したカーナビ「サイバーナビ」は、約70万キロメートルの全道路を対象にした「スマートループ渋滞情報」を基にルート探索ができる。

AVIC-VH9990 カロッツェリア サイバーナビ 地デジ対応 カーナビAVIC-VH9990 カロッツェリア サ...

なお、市販カーナビでは国内最大となる8型画面を装備したAV/カーナビ一体機「ビッグX X088」を、アルパイン株式会社は6月中旬から、13万8000円で発売する。

車輌のコンソールやダッシュボードの一部から車種専用設計することで、これまで最大の7型液晶の1.43倍となる8型液晶を搭載したカーナビを製造したもの。
posted by とも at 19:37| カーナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。